www.counter-games.net
「スプレッド」とはFXは通貨ペアを売買して収益を稼ぐ商品です。売買の価格は常時動いています。それが為替です。テレビを見ていると、市場の情報が流れることがあります。たとえば、「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。すなわち、売り買いには買値と売値の2個の値段があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で提示している取引業者もあったりします。普通は売値が安く設定されています。自分が買値は高く、売値は安くなっています。この差をスプレッドといいFX会社の利益の1つになっています。スプレッドは会社によって違います。スプレッドは支出となるので、小さい取引業者をピックアップしたほうが有益です。ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。例えば通常時は円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの幅であっても相場の上下動がかなり大きいときには大きくなったりするのです。という事で、スプレッドが小さいのと安定しているのが重要です。この頃では変わらないスプレッドを見せるFX取引会社もたくさんあります。実際に取引業者の売り買い画面内でリアルなマーケットをチェックしなければ区別できないのでやっかいですが重要な事です。重要な投資資金を投資して取引するのですから、現実の売り買いの前に、魅力的に思えたFX業者の取引口座開設をいくつもしてスプレッドの広さを実感しましょう。同じ通貨の組合せ、その瞬間の為替相場の変動率によって、通貨ペアのスプレッドは異なります。一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多い外貨ではスプレッドが小さく別の通貨ではスプレッドの幅が拡大するのが一般的です。